ビニール袋の用途は多彩!

ビニール袋のたたみ方

ビニール袋のたたみ方 スーパーなどでもらってくることの多いビニール袋ですが、そのまま袋などに突っ込んでおくと、使いづらくとてもかさばります。
きちんとたたんでおくとあとでわかりやすく、使いやすくなります。たたみ方はいろいろありますが、四角にたたむやり方と三角にたたむやり方がかんたんで便利です。
まず四角くたたむやり方ですが、きれいに平たく伸ばした状態から始めます。たてに半分に折り、左右から三つ折りにします。それをさらに縦に三つ折りにして、最後に追った部分を隙間のポケット状になったところへ入れておきます。
これでばらけないで四角をキープできます。
三角に折る方法は、同様に平たく伸ばした状態から始めます。縦に2回折り曲げて長細い形に作ります。それを結ぶ要領で三角のかたちにし、最後の部分をポケット状になったところへ押し込みます。
これで三角形をキープできます。いずれのかたちも小さくコンパクトにまとまって、ビニール袋が使いやすくなります。

溜まっていくビニール袋の収納方法

溜まっていくビニール袋の収納方法 買い物した時に商品を入れて持ち帰るレジ袋やビニール袋。家でもゴミ袋として利用したり、ちょっとしたものを入れたりと、何かと便利に使うことができます。しかし買い物のたびに溜まっていくビニール袋の収納に悩んでいる人も多いでしょう。 使いやすいビニール袋の収納方法として、ひとつめにティッシュケースに収納する方法があります。ティッシュのように次々と出てくるようにたたんでから入れると、取り出す時にとても便利です。二つ目に畳んでボックスに収納する方法があります。四角に薄くたたむことで、すっきりと収納することができ、ボックスを引き出しにしまうことができます。次に布を使ってビニール袋ストッカーを作る方法もあります。吊り下げておくことで上から入れて下から取ることができます。また古い袋から取り出して使うことができます。同じタイプのものを布ではなく牛乳パックで作ることも可能です。布のはぎれやインテリアシートを貼り付けることでおしゃれなストッカーを作ることができます。