ビニール袋の用途は多彩!

ビニール袋があぶらとり紙になるってホント?

ビニール袋があぶらとり紙になるってホント? スーパーやコンビニエンスストアで買い物をするともらえるレジ袋やビニール袋には、物を入れて置く以外にも便利な使い方があります。
あぶらが顔に浮いてきた時に便利な、あぶらとり紙として使う事ができます。
ポリエチレンという素材出来ているレジ袋やビニール袋には油と馴染みやすいという性質があるため、顔に浮いてきたあぶらを吸収してくれます。
出かけた時にあぶらとり紙を持っていくのを忘れてしまったり、使っていて無くなってしまった時などに大変便利です。
レジ袋などをそのままの状態であぶらとり紙として使うのは大き過ぎてしまうので、小さくしてから使うようにします。
小さくする方法は、レジ袋とハサミを用意したら、その後は自分で使いやすい大きさに切るだけで用意が出来てしまいます。
これをあぶらが浮いてきた顔の部分に押さえるようにするだけで、気になるテカリなどを綺麗にする事が出来ます。
化粧をした上からでも使えるので、化粧崩れを防ぐ事も出来ます。

ビニール袋をゴム手袋代わりに!排水口の掃除にも便利!

ビニール袋をゴム手袋代わりに!排水口の掃除にも便利! 排水溝の掃除をする時はどうしても億劫になります。
なにぶん非常に汚いため、とても素手では洗う気になれません。
ゴム手袋があればそれを使って掃除するのですが、無い場合はどうすれば良いのでしょうか。
一番安価で比較的手に入りやすいもので代用するのであれば、ビニール袋がお薦めです。
ビニール袋は厚さが薄いため、比較的手に馴染みやすく、細かい作業である排水溝の掃除には丁度良い感触で作業できるはずです。
また、水を通さない性質はゴム手袋同様に持ち合わせており、他にも安価で比較的手に入りやすいため、たとえ破れてしまっても補充がしやすく、無いから手が汚れてしまうので掃除ができないといったことも無くなります。
また、排水溝の奥に出来た、汚れが集まってできたしつこい汚れを擦り取る時も、ビニール袋であればゴム手袋よりも厚みが少ないため、比較的スムーズに汚れを取ることが可能です。
他にも集めたゴミをビニール袋に詰めてそのままゴミ袋としても使用できます。
是非一度試してみてはいかがでしょうか。