ビニール袋の用途は多彩!

料理にビニール袋を利用して洗い物を減らそう!

料理にビニール袋を利用して洗い物を減らそう! 料理をするときは、調理道具などをたくさん使うことが多く食事が終わってからの洗い物が億劫になることがあることでしょう。
そんなときには、ビニール袋を利用しましょう。
例えば、唐揚げを作ろうとしたときには鶏肉に下味をつけるためにボウルを使いますが ビニール袋に鶏肉を入れてしまい、調味料も一緒にいれてしまいます。
そのまま冷蔵庫で1時間ほど休ませれば、しっかりと鶏肉に味がついてくれます。
冷蔵庫に入れる時も場所をとりませんし、何よりボウルを洗わずに済むので楽チンです。
油で揚げる時につける衣もビニール袋の中でつけてしまいましょう。
下味が付いた鶏肉を、ビニール袋に入れたままの状態で適量の片栗粉をいれてしまいます。
そのまま、袋に空気を入れた状態で袋の口をしばり片栗粉が鶏肉にまんべんなくつくように 何回かふりましょう。
そうすれば、片栗粉を入れる容器を使わずに済みますし洗い物がまた一つ減ることになります。
使い終わった袋は、そのままゴミ箱に捨てるだけです。
洗い物が格段に減るので、億劫な洗い物もたのしくなることでしょう。

ビニール袋はサイズ別で分けておくと便利!

ビニール袋はサイズ別で分けておくと便利! スーパーなどでもらったビニール袋を保管しておいて、再利用しているという方も多くいるのではないでしょうか。
ですがいざ使おうと思ったときに、使いたいサイズより大きかったり小さかったりして困ってしまうという方も見られます。
そこでビニール袋を使いやすいようにするために、サイズ別に分けておくのも1つの手です。
サイズ別に分けておく利点というのは、ぴったりのサイズの袋を使えるということだけではありません。
今、手元にある袋のサイズを一目で把握できるという点も、サイズ別に分けておくことのメリットの1つです。
小さなビニール袋があったとしても、ちょうどいい大きさの袋が見つからず、困ってしまうこともあります。
ですがどのサイズの袋が家にあるのか在庫状況が一目でわかることによって、ぴったりサイズの袋があるかどうか探す手間が省けます。
さまざまなサイズのビニール袋を使い分けて、荷物の持ち運びや収納などで利用する際に役立てましょう。