ビニール袋の用途は多彩!

スペアリブの浸け置きにもビニール袋が大活躍!

スペアリブの浸け置きにもビニール袋が大活躍! バーベキューや特別な日のディナーなどにも人気の高いスペアリブはしっかりと中まで味を染み込ませることが大切です。
しかし、一晩寝かせてもあまり味が染みていないなと感じたことがあると思います。
ボウルなどで下準備をするかたも多いのですが、下味をつける料理にはビニール袋がおすすめです。
下味をしっかりと付けるためにはただ寝かせておくだけではなく、時々かき混ぜたり、揉み込むとより味が染みてくるのです。
ボウルなどにスペアリブの下味を付けると、混ぜ込むために手袋をはめたり、その後手をしっかり洗っても臭いがついてしまうため、1度冷蔵庫に寝かせたらそのまま放置している人が多いのです。
しかし、ビニール袋にスペアリブと調味料を入れると、手を汚すことなく揉み込むことが出来ますし、冷蔵庫を開ける度に気がついたら揉み込むようにすると、よりしっかりと味が染み込みます。
手が汚れるのを防ぎ、調理後は捨てることが出来るので後処理も楽なビニール袋は料理に欠かすことが出来ない万能アイテムです。

ハンバーグ作りにビニール袋が大活躍!

ハンバーグ作りにビニール袋が大活躍! ハンバーグ作りには、ビニール袋が大活躍してくれます。
ハンバーグを作るときの大変な作業としては、素材の刻みと、練り込み、空気を抜いて形を整える作業が苦労します。
素材は細かくみじん切りにしなくてはなりませんが、フードプロセッサーなどを使って手を汚さずに行えます。
素材を混ぜる時と空気抜きには、ビニール袋が必需品になります。
手を全く汚さないでハンバーグを作る為に、素材をすべて入れて、調味料を適量合せて練り込む作業をします。
普通に行った場合には、手に素材がくっついてしまいベタベタの状態になってしまい困るのです。
また空気抜きをする時にも、別の袋に一個分を入れて中で抜く事で焼く状態にまでする事が出来るのです。
このやり方を使えば手を全く汚さずハンバーグが作れてしまうのです。
調理中に電話や訪問客が出来た時でも、手が汚れていないので、すぐさま対応できると言うメリットとなれるのです。
ビニール袋の素材にもよりますが、あまりにも素材が袋自体にくっつきすぎる場合には、内側にサラダオイルなどをほんの少し塗ってから行う事も効果的になります。