ビニール袋の用途は多彩!

ビニール袋を使えば洗い物も楽ちん!

ビニール袋を使えば洗い物も楽ちん! ビニール袋を効率よく使って、洗い物の手間を省く方法があります。
例えばスイーツを作る際も、ビニール袋が活躍します。
ホットケーキミックスやたまご、牛乳など材料を袋に投入し、袋をもんで混ぜるだけ。
あとはフライパンで焼くか、オーブンで焼くか、いずれにしても記事を焼いた後は袋を捨てるだけで洗い物はありません。
お漬物をつける場合も、タッパーやお皿は必要ありません。
ジッパー付きのふくろに野菜と調味料を入れて空気を抜くだけ。
野菜にしっかりと調味料が絡み、味のしみこみも早いので美味しく出来上がります。
また使う調理器具はお鍋だけで、食材はビニール袋にいれて、湯を沸かした鍋に投入するという簡単な調理法もあります。
同時に数品の調理が出来ますし、袋の中でできた料理はそのままお皿に出して、ビニール袋を捨てるだけ。
洗い物の手間が省けてとても楽ちんです。
加熱して使う場合は、安全のために耐熱性の高い袋を使う方がいいでしょう。

材料を混ぜる時もビニール袋

材料を混ぜる時もビニール袋 ビニール袋は料理の材料へ下味を付ける際に活用することで、洗い物を少なくすることが可能です。
炒め物や揚げ物を行う時、下味を付けることで塩分を抑えることができます。
下味を付ける際、料理本や料理番組ではボールやトレーを利用することが多いです。
しかし、家庭であればビニール袋の中に下味をつける調味料を入れることで、洗い物が減ります。
ビニール袋に下味を入れたまま冷蔵庫に入れれば、場所も取りにくいでしょう。
特に肉や魚といったものでボールやトレーを使ってしまうと、脂分や匂いが出てしまいます。
ニンニクといった香りの強い材料を下味として使ってしまった場合も、香りが残ってしまう可能性も高くなります。
ビニール袋であれば、脂分や香りがついてしまってもそのまま破棄することができるため、油分や香りが残る心配はありません。
敗れる心配がある場合は、袋に入れた状態でボールやトレーに入れておくこともオススメです。
ボールやトレーに直接載せてしまった場合に対し、脂分や調味料の色残りを防ぐことができます。